消防設備点検の流れ

消防設備点検の流れ

消防設備点検の流れ

弊社では全ての防火対象物において消防設備の保守、設置を行っています。
消防法の改正により、防火対象物には消防設備の保守、設置が義務付けられています。

消防用設備等保守点検

【点検対象物】
消防法で定められた設備(消火設備、警報設備、避難設備、消火活動に必要な設備)を設置している建築物
【点検内容】
災害時に作動する防災システム、消防設備は日常的に使用するものではありません。それゆえに、いざ災害が起きた時に支障なく動作する事が何よりも大事です。特に警報設備は24時間休みなく稼動する電子機器です。これらのシステムに不具合がない様、有資格者が点検基準に沿った確実な点検作業を行います。

防火対象物点検

【点検対象物】
収容人員が300人以上の特定防火対象物
収容人員が30人以上300人未満の特定防火対象物で、特定用途が避難階以外の階(1,2階を除く)に存するもののうち直通階段が2(屋外階段・特定避難階段等は1)以上ないもの
【点検内容】
その建物における消火設備の管理が適切に行われているか、避難時における経路に危険な物は無いか等を調査します。

連結送水管耐圧試験

【試験対象物】
施工から10年を経過した連結送水管を対象に耐圧試験を行い、その結果を消防用設備等設置届出書に添えて消防署長に提出します。また、その点検後からは3年ごとの点検が必要となります。

お問い合わせ

消防設備点検、施工、防災用品販売について
お困りの方はお気軽にお問い合わせください

TEL.
082-436-6662
FAX.
082-490-3361
メールでお問い合わせ
ページ上部へ
ホーム
消防設備
消防設備点検の流れ
ご契約の流れ
消防設備士とは
防災用品
防災用品一覧
消防法
消防法について
消防法の改正について
会社概要
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
リンク集