消防設備点検等

HOME 建築設備検査

建築設備検査

換気設備や排煙設備、非常用照明装置、給排水設備といった建築物に設置された設備を「建築設備」といいます。建築物の所有者・管理者は、建築設備を定期的に点検し、その結果を監督官庁に報告する義務があります。
マンションや事務所、デパート、病院、ホテルなどといった一定以上の用途・規模を持った建築物に関しては、原則として1年に1度は建築設備の点検が必要になります。

建築設備定期検査に必要な資格

・国土交通大臣の定める建築設備検査実施者
・一級建築士・二級建築士

建築設備定期検査の内容

換気設備

換気扇、レンジフードなどの小さいものから、建物全体の換気を担う大型の設備まで、換気に関連するもの全般が対象になります。各設備の換気量は風速計にて測定して数値で確認を行い、充分に換気できているかを確認します。
自然換気設備や防火ダンパー、給気・排気口なども目視で点検します。

非常照明設備

非常用照明装置とは、火災や地震などによって停電した場合に避難を安全に行うための照明装置です。照度計によって規定の明るさがあるか測定したり、非常用電源の性能や外観の検査などを行ないます。
電源別置や自家用発電の場合は、それらの装置も目視などで確認します。

排煙設備

排煙設備とは、火災時に発生する有毒な煙や熱を排出して避難経路を確保するための設備をいいます。
排煙設備には2種類あり、機械排煙設備では、防煙区画、排煙口の開閉、手動開放装置、排煙機の運転状況を検査します。自然排煙設備では、防煙区画、排煙窓、手動開放装置を検査します。

給排水設備

給排水設備とは、飲料水などの水を供給する為の給水( 上水) 設備と使った水やお湯を捨てる為の排水( 下水) 設備のことを言います。衛生的な水を供給するための水槽や、ポンプのような給水設備と排水設備、配管などを点検します。この設備に関しては、特定行政庁によっては検査対象から外れる場合があります。

対応エリア

赤防株式会社では、広島県広島市を中心に中四国、九州エリアの広い範囲で対応可能です。
建築設備検査はもちろん点検後の消防署への報告書作成から報告の代行など、赤防株式会社がワンストップでサポートいたします。

建築設備検査の流れ

お問い合わせ・事前調査

監督官庁からの指導があった、他社との契約を見直したいなど、建築設備検査をご検討のお客様はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEL.082-436-6662

営業時間 平日 9:00~17:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

打ち合わせ・お見積り

点検の手順や日程など、物件ごとに打合せを行います。
入居者様へのお知らせ等、配布物や張り紙が必要であれば準備いたします。

点検・改修

打ち合わせ内容に基づき、建築設備の点検作業を行います。

消防設備点検結果報告書の作成・提出

点検結果に基づき、点検結果報告書を作成し、監督官庁への届出ます。
設備の破損・故障があった場合には、修繕工事のお見積り書も合わせて作成いたします。

アフターメンテナンス

ご希望のお客様には、定期点検の保守契約をご契約をさせていただきます。
また次回の点検時期には弊社から点検のご案内させていただきます。

主な取引先

公官庁(国・県・市) / 不動産会社 / ビル管理会社 / 建設会社 / 電気工事会社 / 設備工事会社 / 警備会社 等

メーカー取引先

(株)能美防災 / ホーチキ(株) / ニッタン(株) / ヤマトプロテック(株) / モリタ宮田工業(株) / (株)初田製作 / 日本ドライケミカル(株) / (株)横井製作所 / (株)北浦製作所 / 松本機工(株) / 富士産業(株) 等